スレート改修、石綿スレート改修の革新的コストダウ工法

石綿スレート改修 革新工法

三和レストアシステム | スレート改修
  • 高圧洗浄など、水を一切使用しません。
  • よって、大掛かりな養生不要。
  • 刷毛、ローラーで水性液剤を塗り、
  • 乾けば、剥がす。
  • 剥がした後は、(安定型)産業廃棄物として処分。

三和レストア・システム パンフレット(pdf)

まだ、危険な工事をしてますか!?

そして、それは「合法」でしたか!?

[メクルホワイト工法]を使えば、
スレート屋根コーティングでは避けて通れない
大掛かりな養生がいる高圧洗浄をすることなく コーティングできます。

養生をほとんどしていない高圧洗浄は、
石綿・アスベストが飛散し、極めて危険で、非合法です。


明治後期に登場した石綿スレート。
スレートにはアスベストが含まれています。

工場やプレハブ住宅等の屋根に大量に使用されました。
年月と共に酸性雨によってセメントが溶け、劣化してアスベスト繊維が
飛散しているのが現状です。

そして、壁材に比べ、屋根材のほうが早く劣化しています。

塗る、剥がす、捨てる。「メクルホワイト工法」のお問合せは >>

劣化した石綿スレート改修は3通り

高圧洗浄 | スレート改修

(1)葺き替え工事

   既存のスレートを撤去し
   ノンアスベストスレートにかえる。

(2)スレート重ね工事

   既存スレート屋根にノンアスベストスレート
   又は、他の素材を被せる。

(3)塗装工事

   高圧洗浄後 塗装をする。

しかし、欠点があります。

(1)の撤去時 大量のアスベストが飛散、大掛かりな養生も必要になります。
   工場の操業も中止しなければいけない。

(2)の場合 屋根の荷重が倍になり柱や梁の補強も考えなければならない。

(3)の場合 高圧洗浄時に大量めアスベスト繊維が飛散し
   流れ出た排水にもアスベストが含まれ処理が大変です。

   この間題解決に、さまざまな努力がされてきました。

危険 そして、やっと出来ました。危険

今までに無い画期的な工法

メクルホワイト | スレート改修

塗る、剥がす、捨てる | スレート改修

剥がした後は(安定型)産業廃棄物として処理できます。費用面でも安心です。

仕上げに エポキシ樹脂塗装(品質性能試験検査済)で表面を封じ込めます!

動画で工事を見てみましょう。

スレート改修工程動画 | スレート改修

工事の流れ

施工前事前調査 | スレート改修

設計図書による確認。

保存されている設計図書・施工記録から使用状況を確認しアスベスト含有建材の有無・施工部分を特定、現場確認。

作業計画 | スレート改修

施工計画書作成。

施工計画作業方法、安全手順、廃棄物処理方法。

養生・準備作業 | スレート改修

仮説安全柵、足場組立設置。

現場によっては 近隣・建屋廻りの養生が必要。
軒先などには安全柵設置。

施工 | スレート改修

刷毛・ローラー等で液剤を塗布。

硬化(天候・気温により30分〜1時間)後、
そっと剥がす。剥がす手順は棟より軒先に、
中央部から下部は軒先より棟方向に剥がす。
(注意事項:落下防止・欠落損防止)

処理処分 | スレート改修

剥がした後は袋詰め産業廃棄物として処理。

廃棄物処分は安定型又は一般焼却処分です。

塗る、剥がす、捨てる。「メクルホワイト工法」のお問合せは >>

仕上げの決め手は、断熱コーティング

ハードマン256 | スレート改修 ハードマン256|スレート改修
ハードマン256 | スレート改修
三和コーポレーション・グループ(株)ヴェジェルヴィナ開発
ハードマン256 浸透性防水硬化材・高強度モルタル混和材
ハードマン300 内防水・外防水・中性化防止塗膜材
ハードマン960 塵・耐磨耗・耐候性速乾型保護シーラー
ハードマン900 耐汚・耐薬・耐候性仕上材
ハードマン501 防水・水中硬化性接着材

二液型 水性エポキシ樹脂(省エネ断熱)

防水性に優れ、
耐熱、耐酸性など紫外線防止表面保護。
水性で安全、低コスト。

清水で50%に希釈しコンクリート・ローラー塗・エア-レス吹付。

今までの仕上げ塗料とは違い、被着体に表面硬化するだけで なく、
深く浸透し、上塗り材に密着します。

さらに驚きの こんな超断熱コーティングもご用意

ガイナ―水溶性アクリル樹脂 | スレート改修

ガイナ 水性アクリルシリコン(遮熱・断熱)

赤外線エネルギーなど、放射熱95%以上を反射。
水性アクリルシリコン 遮熱・断熱塗料
乾燥塗膜の80%がセラミックで構成されます。

台湾新幹線 | スレート改修


ガイナは宇宙航空研究開発機構(JAXA)のロケット開発で
H -Uロケットの先端の断熱材として
使われています。

仕上げ、断熱コーティングのお問合せは >>
(C) Copyright SANWA CORPORATION ,LTD. All Rights Reserved.

スレート改修.com

株式会社 三和コーポレーション 特建事業部